BMW X3 修理事例

BMW X3 修理事例

こだわりの色
こだわりの色

BMW X3 

BMW X3の修理事例をご紹介。

都筑区のT社様からのご依頼です、左フロントフェンダーから左フロントドアと左リアドアにかけてガードレールにこすってしまったようです。

幸いフロントドアからリアドアはキズが浅くコンパウンドで軽く磨いて消えましたが、フェンダー部のキズが深かったためフェンダーのみ鈑金塗装する事ととなりました。

そしてお客様が心配して言われたのが「色が他の部分と変わったりしませんか?」と・・・

1457434819878

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご安心ください!」と口では言ったものの、実は内心大丈夫かな?

色ちゃんと合わせられるかな?と時に不安になったりもします。

 

そんなのも打ち消しながら鈑金作業へと入っていきました。

正面からはただのキズ、斜めから見たら・・・

キズだけかと思ったところ実際に斜めから透かしてみると意外に大きな凹みも生じていました、見落としがちなので損傷確認しっかりしないといけません。

 

場所も狭くてプレスラインも重複していて、さらにすぐ隣のドアを傷つけてはいけないので難しい作業となりました。

1457434783733

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元通りキレイに整いました、あとはサフェーサーで下地をさらに整えツルツルにしてから塗装作業へと進めます。

色合わせは経験と感覚

そしてここからが難関でした、不安は的中この色(スパークリングブロンズメタリック)の難しさもあって、

長時間にわたる調色作業(テストピースに色を吹いて車に貼って色を見る、また色を足しそれを繰り返す)にもかかわらず、色がピッタリ合いません

パーセンテージで言うと90%くらいまでは近づいて来てるのですが、陽にあたった時の色が少し黄色い感じでした。

車の塗装についてはとにかく泣けるほど奥が深く、笑ってしまうほど難しい、そんな感覚です。

 

当初の予定では色をバッチリ合わせて、フェンダー部のみを塗装する予定でしたが、色の差を特に気にされる方には

より完璧に仕上げるために、損傷のない隣接したドアにも色を入れボカす(グラデーションを作る)ことで完全にわからなくなる技法を用います。

20160219_163549

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張感とプレッシャーの中慎重に作業をすすめました。

どの角度から見ても、正面からまた斜めから見ても塗装した本人でさえも分からないくらい完全に色も復元できました。

車を持ち込んで頂いたT社社長様も「色、良いじゃん!」とお褒めの言葉をいただき、作業した職人もよろこんでいました。

 

今回の修理代は部品代なしで工賃のみで80,000円程度になりました。

いつもビーピーグローバルにお車を持ち込んでいただきありがとうございます、あなたの安全運転をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です